住宅ローンの融資を受けれるフラット35

住宅ローンの融資を受けれるフラット35

住宅ローンの融資を受けれるフラット35 新居を買う時に自分の貯金では購入することができない、ということがありますがそんな時はローンを組んで購入することができます。
フラット35ではそんな家の購入時に組むことができる住宅ローンで、家だけではなくマンションを購入する時にも利用することができます。
融資となるので、必ず返済しなくてはいけないので、どのように利用していくのかよく考えなくてはいけません。
家購入のための住宅ローンとなると、当然大きい金額の融資となるのでなおさらよく考える必要があります。
例えば融資額が自分の収入では到底支払えるものでなかった場合はフラット35を利用することは難しいです。
申込自体は特に回数制限もないので複数回できますが、あまり何回も審査に落ちて再度申込を繰り返すのはよくありません。
さらに、審査には時間がかかるので審査に落ちればそれだけ目的の家購入が遠ざかってしまいます。
自分の収入からどれくらいの家の購入ならできるのか、フラット35のホームページではシミュレーションすることができます。
まずはシミュレーションしてみて、計画に問題がなければ申込をするようにしましょう。
ホームページからシミュレーションは使うことができるので、ぜひ利用してみてください。

住宅ローン・フラット35の固定金利の仕組み

固定金利の仕組み フラット35は民間金融機関が住宅購入者に最長35年間の長期固定金利で貸し出す住宅ローンです。
民間金融機関は資本を短期運用するため、長期固定金利の住宅ローンには向いていませんでした。
フラット35を申し込んだ顧客は民間金融機関が貸し出しますが、民間金融機関が運用するのではなく、住宅金融支援機構にフラット35を譲渡し、民間金融機関が譲渡金を受け取るようになっています。
住宅金融支援機構はフラット35を担保にモーゲージ証券(MBS)を発行します。
モーゲージ証券とは住宅ローンなどの不動産担保融資の債券を担保にして発行する証券のことです。
基本的には元利金の支払保証などの付加価値を付けることで、信用力を高くします。
モーゲージ証券は流動性が高く、信用力があり、国債や定期預金と比べると高金利なので、投資家にとっては魅力ある金融商品であり、需要があります。
住宅金融支援機構はモーゲージ証券を投資家に売却することで、購入代金が入るため、資金不足になることはありません。
モーゲージ証券を発行する理由は債券では金利変動によって、利払いも変動しますが、モーゲージ証券は金利変動による影響を受けないので、固定金利にすることが可能になるからです。

おすすめ住宅ローン関連リンク

長期固定、返済期間が最長35年と安心して利用できる住宅ローンのサイト

フラット35